2007年02月21日

注目度高いイチローの去就 好況追い風で大型契約確実


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/headlines/20070221-00000015-kyodo_sp-spo.html

マリナーズのイチロー外野手がキャンプ初日の20日、自らの去就問題について触れた。「僕は今まで(プロで)15年やってきてFA(フリーエージェント)を一度も取ったことがない。こんな選手は(最近ではほとんど)いない」
 プロ入り後、イチローは自らの意思で球団を選択したことがない。このままマリナーズと契約更新がなければ、2007年オフにはFAとなる。「そうなる可能性が生まれることは分かっている」と話したが、FAを望むかについては明言を避けた。
大リーグではFAの可能性をちらつかせて交渉を有利に運ぶなど、“ビジネス”に徹する選手もいる。だが「それはそれでいいですが、僕は違う」とイチローは“駆け引き”を否定した。去就問題に関しては代理人に一任しており「これ(契約問題)について僕が答えられるのは今日しかない」と今後は沈黙を貫く構えだ。
 ここ数年、大リーグはかつてない好況下にある。例えば、8年目で昨年初めて打率3割を記録した32歳のゲリー・マシューズ外野手が今季からエンゼルスと5年総額5000万ドル(約60億円)と、現在のイチローを上回る契約を結んだ。
 若手の本格派先発投手と並び、攻守兼備の中堅手は特に需要が高い。仮にイチローがFAとなれば、オフの目玉になることは間違いない。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/headlines/20070221-00000078-jij-spo.html

マリナーズのイチロー、去就含め注目増す7年目=松坂との対決に興奮−米大リーグ

 
【ピオリア(米アリゾナ州)20日時事】米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(33)が20日、当地でキャンプインし、メジャー7年目へ始動した。4年契約の最終年。残留か、オフに他球団へ移籍か。大リーグの公式ホームページはイチローのキャンプインの様子をトップ画面で伝え、オフの去就問題を含めた注目度の高さをうかがわせた。
 2001年のメジャー参戦以来、数々の偉業を成し遂げてきた。その中で本人が「逃げたいが、付いて回ってくる」と毎年意識しているのが、シーズン安打数だ。昨季は、8月の不振を乗り越え、結局両リーグでトップの224安打。6年連続の年間200安打を成し遂げた。
 7年連続となれば、2リーグ制移行後に同記録を打ち立てた唯一の選手、ウェード・ボッグスと肩を並べる。「数字が迫ると緊張感で体が動かなくなるが、技術でカバーできる自分でありたい」。イチローは経験と技術でこの記録に挑む構えだ。「毎年こだわっている」という守備のゴールドグラブ賞も、受賞すれば7年連続。日本時代から14年連続になる。WBCのために3月から実戦態勢に入った昨年と違い、マイペースで準備して開幕に臨めるのは大きい。
 レッドソックス入りした松坂との対戦も新たな楽しみだ。「直接対決は6年間していない。考えると興奮する」と本人も期待感十分。「空振り三振」か「技ありの安打」か。どんな形にせよ、ファンの記憶に残る名シーンとなるのは間違いない。来季着るユニホームが何色になるかの心配は、しばし忘れることになるだろう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000003-reu-spo

MLB=イチロー、FA権行使の可能性を示唆

現在、アリゾナ州のピオリアでキャンプインしている米大リーグ(MLB)のマリナーズに所属するイチロー外野手(33)が20日、今季終了後に手にするフリーエージェント(FA)権を行使する可能性があることを示唆した。
 メジャー7年目を迎えるイチローはチームがここ3年連続で地区最下位でシーズンを終えている現状に不満を感じていると語り、可能性で言えば、FA宣言することもあるとほのめかした。
 マリナーズはオフ中、投手陣などの補強を行い起死回生を図ろうとしているが、イチローはこの点についても、将来の結果が重要と、厳しい見方を示している。


FA権行使の可能性がここに来てにわかに上がってきています。ニュースがいくつか出ていたので、まとめておきます。

人気blogランキングへのクリックお願いしますm(_ _)m

ban2.gif

野球愛

posted by 月夜見(けん) at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2007イチロー関連
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのコメント
この記事へのTrackBack URL


質と量
Excerpt:  今季からボストン・レッドソックスに移籍した松坂大輔、岡島秀樹の両日本人投手がメジャーリーグ(MLB)流のキャンプに戸惑いを隠せずにいる。  現地時間で18日からフロリダ州フォートマイヤーズで始まっ..
Weblog: バックスクリーンの下で 〜For All of Baseball Supporters〜
Tracked: 2007-02-21 20:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。