2007年01月30日

マリナーズ、イチロー引き留めに“松井超え”の金額が必要?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000201-ism-spo

2003年シーズンのオフにシアトル・マリナーズと4年総額4400万ドル(約53億5000万円)で契約を延長し、今季がその最終年となるイチロー外野手。6年連続で200安打をクリアしているバッターの去就が注目される中、イリノイ州の地方紙『シカゴ・トリビューン』(電子版)は29日、イチローの今後の契約内容について、年平均で1700万ドル(約20億7000万円)になるだろうと予想した。もしそうなれば、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手が2005年11月にチームと結んだ年平均1300万ドル(約15億8000万円)を上回ることになる。


同紙によると、マリナーズのビル・バベイシGMが、今年が契約最終年となるイチローを特別な選手とみなし、シアトルという町もイチローにとって特別な場所だと話したのこと。チームの大黒柱の残留に自信を見せていたという。そこで同紙は、イチローの契約について、オフにシカゴ・カブスと総額1億3600万ドル(約160億円)の8年契約を結んだアルフォンゾ・ソリアーノ外野手(31歳)を引き合いに出し、10月で34歳になるイチローが同等の長期契約を手にすることは難しいが、年俸は年平均で1700万ドルに到達するのではないかと予想した。


http://www.major.jp/news/news20070130-19560.html

イチローの来季年俸は20億円超に?

今季が4年契約の最終年となるシアトル・マリナーズのイチロー外野手。シカゴの地元紙シカゴ・トリビューン(電子版)は29日、イチローが今後結ぶ契約の平均年俸が1700万ドル(約20億7000万円)に近い額となるだろうと報じた。

 4年契約の満了を控えているイチローは、10月に34歳となる。そのため同紙はイチローの契約が、今オフにアルフォンソ・ソリアーノ外野手(31)とシカゴ・カブスが結んだ8年間という大型契約には届かないだろうと予想。しかし、金額面ではソリアーノの平均年俸1700万ドルと同等になるとの見解を示している。

 また同紙は、マリナーズのビル・バベシGMがイチローとの契約延長を最優先事項に挙げていると報道。イチローはチームに欠かせぬ大きな存在だが、同時にイチローにとってのシアトルも特別な場所であるとのコメントも掲載している。


http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20070130&a=20070130-00000001-spn-spo

イチロー 日本人最高年俸確実

マリナーズのイチロー外野手(33)とオリックス・清原和博内野手(39)が29日、神戸市内で合同自主トレを行った。1年ぶりの“コラボレーション”を楽しんだイチローは自身の契約延長交渉について、2月の春季キャンプ中にもマ軍と行う可能性を示唆した。

 イチローはこれまで沈黙を貫いてきた契約延長問題についても言及。「(契約交渉は)向こうに行ってあるかもしれない。代理人(アタナシオ氏)からは何も聞いていないから分からないけどね」と2月の春季キャンプ中にも交渉を開始する可能性を示した。

 4年契約最終年を迎えるイチローについては、27日にマ軍のリンカーン最高経営責任者(CEO)が「プロのキャリアを終えるまでここにいてほしいし、シアトル・マリナーズの一員として殿堂入りしてほしい」と終身雇用を宣言。マ軍の顔としての残留要請にイチローも「CEO発言?選手として大変光栄なことですね」と語った。

 注目の契約内容については、29日付のシカゴ・トリビューン紙が今オフ8年総額1億3600万ドル(約166億円)で契約したカブスのソリアーノを引き合いに出し、年平均で1700万ドル(約20億7400万円)以上の攻防と予想。05年オフに松井秀(ヤンキース)が交わした年平均1300万ドル(約15億8600万円)の日本人最高年俸を上回るのは確実だ。

 親会社の任天堂も業績好調で、資金面でのバックアップは可能。あとは地区最下位からの脱出へ、チームが将来のビジョンを明確に示せるかが残留のカギとなりそうだ。


http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20070130&a=20070130-00000042-jij-spo

イチロー、今季後にFAの可能性も=米紙が報道−大リーグ・マリナーズ

29日付の米紙シカゴ・トリビューンは、米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が、今シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になる可能性があると報じた。マリナーズの最近の低迷に失望しているためだが、バベシ・ゼネラルマネジャー(GM)は他のチームという選択肢を検討するほど、イチローがいら立っているとは思わないとしている。
 イチローは今季限りで4年4400万ドル(約53億円)の契約が切れるが、次の契約延長について同GMは、「大きな問題になることはない。彼は特別なプレーヤーだが、シアトルは彼にとっても特別の場所だ」と契約延長に自信を示した。


ここに来て年棒問題が噴出してきてますね。
実績から言っても当然の額であることはこれまでも幾度も述べてきました。
ただ、今回の場合は金額以外の要因が大きな影響を及ぼしていると考えられるでしょう。
チーム事情もそうですし、のんきで楽観的な発言をしているGMもチーム運営に関しては米テレビFOXの格付けで最下位にランクされるなど手腕に問題があります。

さて、気になるのがマリナーズのバベシGM。父はドジャースGMを務めた。長谷川滋利投手が入団した当時はエンゼルスのGMだった。しかし、闘将ピネラ監督が去った後のマリナーズは見る影もない。よかれと思って獲ったセクソン、ベルトレの大砲が「大型扇風機」。バベシGMの評価も下がる一方で、「決断が遅く、就任以来、チームは悪化の一途」と最低の評価だ。

 問題はハーグローブ監督との親密な関係だ、とささやかれる。インディアンス時代は名将といわれたハーグローブ監督だが、荒削りな若手の多いマリナーズの監督としては、「消極的、暗い、選手とコミュニケーションがとれない、采配(さいはい)ミスが目立つ」など悪評のオンパレード。イチローとの関係も最悪で、「1番打者はもっと出塁率を上げてほしい」というハーグローブ監督に対し、安打数にこだわり早打ちのイチローと全くソリが合わない。

 しかも、こうした周囲の悪評を聞いても、バベシGMは頑として監督を交代させようとしない。このGM−監督コンビが今後も居座るようなことがあれば、今オフにイチローの移籍話が再燃するのは必至。


シアトルの街そのものには愛着を示しているようなので、やっぱりチームの環境が変わることが必須なんでしょうかね・・・
昨年は城島選手が加わった事で変化が見られたようですが、日本人選手が入らないと変われないというのもどうでしょう・・・

金銭面に関しては親会社である任天堂が上場来最高値を更新するなど問題はないでしょう。
WiiとかDSとか好評ですものね。
また株を譲渡するという形でのインセンティブもありかと。配当もあるし、業績絶好調の右肩上がりチャートの超優良株だからなぁ。
・・・閑話休題。

とにかく本人が本当の意味で活躍でき、能力を最大限発揮できる環境で野球ができる事を望むだけです。現状でも素晴らしい成績を残していますが、環境がベストとは程遠いので。そのような状況であの成績を残しているところが余計に非凡なんですけどね。

人気blogランキングへのクリックお願いしますm(_ _)m

ban2.gif

野球愛

posted by 月夜見(けん) at 12:17 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2007イチロー関連
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのコメント
イチロー君が何をゴールにしているかでしょう。
優勝を狙うにはシアトルは今現在ちょっとしんどいのでは?
Posted by Shiggy at 2007年02月02日 16:40
コメントの返信遅くなり恐縮です。

FA権取得も匂わせる発言もしていますしね。私は移って欲しいと思いますよ。選手もそうだけど、上の人間にも問題があるようなので。
Posted by 管理人 at 2007年02月24日 10:58
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/32403024

イチロー(シアトル・マリナーズ)今季後にFAの可能性も
Excerpt: 「イチロー(シアトル・マリナーズ)今季後にFAの可能性も」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/sports
Tracked: 2007-01-31 07:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。